2012年01月28日

1/27「がんばれ!留学生」スペシャル☆イスヒョンNight Fever!〜11年目の絆〜ご報告

「スヒョン君、見てくれ! この大勢の 人々を!
君は、自分の夢を 叶えたじゃないか!」

〜朗読劇「李秀賢頌歌〜忘れないよ いつまでも〜」 より〜
image-20120128021433.png

1/27(金)韓国から、故李秀賢さんのご両親をお迎えし、チャリティーライブ第23回「がんばれ!留学生」スペシャル☆イスヒョンNight Fever!〜11年目の絆〜が開催されました。

※日本と韓国の架け橋になることを夢見て、日本語学校に通っていた李秀賢さんが、JR山手線新大久保駅のホームから転落した日本人を助けようと線路に飛び降り、共に帰らぬ人となったのは2001年1月26日のことでした。いつまでも李秀賢さんを忘れることなく語り継いでいきたいという思いからミューズの里では、2008年に朗読劇「李秀賢頌歌〜忘れないよ いつまでも〜」 の初公演を行いました。今回は3回目の公演となります。
あれから、11年の歳月が流れました・・・。彼の死が我々の心に残してくれたものを、この朗読劇を通して皆様にお伝えしていくことで、李秀賢さんのことをいつまでも忘れる事なく、語り継いでいきたいと改めて心に誓っています。
ミューズの里では、李秀賢さんと同じように、大きな夢をいだいて日本語学校に通う留学生を応援する「がんばれ!留学生」を毎月開催しています。国籍・世代、ジャンルを超えて、李秀賢さんも大好きだった音楽を中心に、表現の場づくりを行ってまいりました。今回の「がんばれ!留学生スペシャル」で、第23回目を迎えます。集まった募金は、NPO法人LSHアジア奨学会に寄付させていただき、同奨学会授与式にて、芸術方面に進学を希望している日本語学校生に「ミューズの里奨学金」として授与されます。第一部で開催される朗読劇「李秀賢頌歌」では、奨学生にもご出演いただきました。

image-20120128021621.png

image-20120128021450.png

image-20120128021515.png

image-20120128021539.png

image-20120128021706.png

スヒョンさんのお母様よりご挨拶のお言葉を頂き、第一部が終了いたしました。
image-20120128021730.png



☆交流会&ビュッフェタイム

イスヒョンさんのご両親から温かいメッセージを頂きました。

「息子(スヒョンさん)の肌のぬくもりを感じることはできないですが、皆さんの中に息子が忘れられていないこと、皆さんがこのように温かい心をくれること、そのことが息子がここにいる感じを受けました」
image-20120128021925.png

「これから日本に来るアジアの学生のみなさまが進んでいる日本で色々なことを学んで、その知識や経験を自分の国に持ち帰って、将来自分の国が日本のように先進国となるようにがんばってください。」

「大変なことやつらいこともあるでしょうが若い皆さんはつらいと思わずに、それを逆に楽しく前向きにがんばってください。」
image-20120128021903.png



交流会&ビュッフェタイムでは皆さま笑顔の絶えないステキなひと時でした☆
image-20120128021810.png

image-20120128021838.png

image-20120128021954.png


※ミュージシャンの玉置浩二様よりお花が届けられました☆
玉置浩二様、誠にありがとうございました。
image-20120128022023.png



第二部の音楽ライブでは、スペシャルゲストの池永憲彦さんとVagueの音楽ライブが行われました。
※池永憲彦さんは、2007年1月に公開された「あなたを忘れない」にギタリスト「カズ役」で出演され、「がんばれ!留学生」にもミュージシャンとしてご出演くださり、大変ご協力いただいております。


池永憲彦
image-20120128022057.png

image-20120128022116.png



Vague
image-20120128022136.png

image-20120128022155.png


イスヒョンさんのお父様のご挨拶でチャリティーライブ第23回「がんばれ!留学生」スペシャル☆イスヒョンNight Fever!〜11年目の絆〜、終始和やかなムードのなか、無事に終了いたしました。
image-20120128022227.png

ご来場の皆さまに心より感謝御礼申し上げます。


※ご参加下さった留学生の感想

「スヒョンさんのことを今日詳しく知って、僕もスヒョンさんと同じ外国人として日本語の勉強だけではなく、優しさや思いやりを学んでがんばりたいと思いました。」

「すごく感動しました。イスヒョンさん一人でこんなにたくさんの人の心を動かしていて凄いと思いました。」

「このようなパーティーがいっぱいあったらいいなと思います。」


これからもチャリティーライブ「がんばれ!留学生」をどうぞよろしくお願い致します☆


posted by がんばれ!日本語学校生 at 02:25| イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。